新卒キャリア早見表|新卒海外から5年、人材会社でたくさんの履歴書を見てみて思ったこと

こんにちは!

11月になったので、早速、再開第二弾の投稿をしてみたいと思います。

マレーシアに来てからの話を書こうかとも思っていたのですが、この一年間マレーシアの人材会社の人として勤めて2,000人ぐらいのキャリア、1000枚ぐらいの履歴書、100人ぐらいのキャリア選択を見てきて、いろいろと思うことがあったので、こちらの”新卒キャリア選択”について先に書くことにしました。

と言っても、最近はもっぱらマレーシア人、そして東南アジア人材マーケットのことばかり考えてマレーシア人とばかり仕事をしているので、日本人については少し疎くなってきている感じもあり、、、なので、超主観的なまとめとして捉えていただけると嬉しいです!

ということで、早速ですが記事画像にもしている早見表をどうぞ!

Screen Shot 2018-11-04 at 16.51.13

画像がちっちゃくてかなわん!

という方については以下テキストベースです:

新卒キャリア早見表(超主観)
*コールセンター等Inbound業務は除く
Pros(良) Cons(悪) 僕の経験
日本
大手 後々見る・経験するのが大変な日本の大組織内部に入って学べる 5年以内に決断しないとキャリアチェンジ・海外現地採用厳しい なし
ベンチャー(スタートアップ) 選択肢豊富
ネイティブ言語でたくさん学べる・挑戦できる
マーケットがドメスティックの可能性が高い
最大の武器の一つになる日本人間ビジネスの基礎が学べるかどうかわからない
なし
起業 勇者になれる スペック・運(仲間等外的要素含む)が無いと失敗して高確率でキャリア崩壊する
海外現地採用で大手に行くのはかなり厳しい
なし
海外
大手 小〜中規模の組織で日本人間ビジネスの基礎が学べる
海外転職・キャリアチェンジが比較的楽
選べる国・企業が少ない 新卒(2.5年)
ベンチャー(スタートアップ) 対象マーケットで創造的な業務につける可能性が高い
海外転職・キャリアチェンジが比較的楽
騙されてとんでもないことになる可能性がある 第二(2018年末
現在1年)
起業 勇者になれる
失敗してもビザのゆるい国なら就職可能
スペック・運(仲間等外的要素含む)が無いと失敗して高確率でキャリア崩壊する
法律的にグレー・ブラックなことを繰り返さなくてはならない
なし
その他 ワーホリ、留学 新しい何かを発見できるかもしれない
自分を追い込める
履歴書がかなりやばいことになる(海外でも就職先を選べる可能性低) なし

という感じです、終わり!

 

のほうがスッキリして良いかもしれないのですが、勘違いがあったり、今から選ぶのにもっと知りたい!みたいな気持ちになる方がいるといけないので、それぞれ僕の知見が及ぶ範囲で簡単に気になる質問を想像して書いてみます。

1.おすすめはどれ?

これで95%の人の疑問への回答になってしまいそうです。

しかしながら、おすすめ、というのはパーソナライズ情報なので、それを一概に書くとうんたらかたんら・・・

という冗長的なのは置いておいて、一旦バシッと書きます!

最もおすすめ:海外大手

というのも、こんなよくわからないブログに辿り着いている時点で、海外への興味があるはずなので、後悔しないためにもこれでいいと思います。

起業したい、という人も多いかと思いますが、起業はまじでいつでもできます。

会社に勤めながらでもできるし!

逆に起業しながら会社に勤めたりコンサルになるには、スキルと経験と運(人脈等外的要素含む)が超必要です。

この選択肢にすれば、最大の武器になる日本人間ビジネスの基礎を学べるし、選んだ国に自己責任で住めるし、その後のキャリアもかなり選べます。

もちろん、日本での転職と同じく”業界”と”職種”を同時に変更することは難しいですが、片足が地についていれば国境線なしに転職可能性高いです。(意味わからない人は業界と職種の違いについてググってみてください!)

僕は結果的にこの選択肢になっていましたが、実はタイで就職する直前は危うく”海外ベンチャー”に行くところでした。

ただ、直前で内定取り消しになったので行かなかっただけで、これこそまさに運でした。

あと、そういった訳のわからないことをやるのも海外ベンチャーの特徴かもしれないので、なるべくしてなったとも言えます。

もちろん、海外ベンチャーで素敵なところはたくさんあるので一概には言いたくないのですが、無限の可能性から、確率論で自分とのマッチングが高いであろうところをエイヤッ!で選ぶのが転職なので、しゃあないです。

 

次におすすめ:日本で大手

お前めっちゃ大手好きやな!

というツッコミが入っていそうですが、正直に行って新卒で大手は最高です。

なぜなら、つまらなければ社内データ見まくって、できるだけ挑戦的な提案しまくって、それでも駄目なら辞めてベンチャーに行けば良いからです。

ただ、逆は無理なので、わざわざそこまで自分の勘を信じる必要があるのか、というのが僕の持論です。

しかしながら、思い出せば大手の新卒採用は長いし賢い人にとっては無駄が多いということも否めないので、若い大切な時間を無駄にしないという意味では、リサーチかけまくって勝利の方程式が見えている状態でいきなりベンチャーに行くのは良いかもしれないです。

とりあえず、狙い撃ちで本当に行きたい大手は受けておく、駄目でも海外行くしOK!みたいなテンションがナイスかと思います。

ただ、海外は2月からしか転職難しい(海外の会社は3ヶ月も待ってられない)というのは多少リスキーな要素かもしれないです。

なので、自分の実力(英語はもちろん、自分の専攻項目、プログラミングやサイト構築、デザイン等)についてはブラッシュアップしまくっておきましょう。

あと、ECでも良いからモノを売って数字を作っておくと、とても履歴書が良く見えるので、きっと就職できます。

あと、日本大手で気をつけたいのは、流されないことです。

僕の周りでもタイミングを逃して5年経って会社内でのプレゼンスが高まりすぎて出ようにも出られないという人は沢山いるので、3年目には一度別のキャリアを探し始めて、転職か続けるかを論理的に比較する機会を設けたほうが良いと思います。

とりあえず、おすすめは以上の2つです。

 

2.なぜ転職前提?

それは僕が人材会社の人だから!

というのは冗談で、基本的には僕は運要素=リスク=やばい、と考えるからです。

その前提でなぜ?をリストダウンすると下記の感じです。

  1. 会社が正当にパフォーマンスを評価して給与・仕事内容・ポジションをアップしてくれるとは限らない
  2. 飽きる可能性が高い
  3. 20代は求められている(動きやすい)

大部分の理由は1に収束していくのですが、実力がついてきたからと言って、いきなり自分のいる会社が待遇を良くしてくれるのは比較的まれ、だと思います。

上司がスマートで、かつ人事が柔軟という2条件が揃う必要があり、どちらかが欠けている可能性のほうが超高いです。

その点、3にもあるように、動きやすい環境がある上に、会社を変えれば自分の満足のいく待遇を得ることは、自分のいる会社で藻掻くよりだいぶ楽なはずです。

また、2についてもとても自然で、仕事内容、中の人、外の人、生活などなど、硬直してきます。

小学校から大学まで環境を次々と変えてきた若者にとって、その硬直はまじで苦痛だと思います。

優秀な会社や銀行はそれを見越して海外研修にやったり、部署異動などを無理やり行ったりと素晴らしい施策を実施するので、皆に2が当てはまるとは限りませんが。

 

3.キャリアってなんですか?

というそもそも論な人も多いと思いますし、自分自身改めてその問を投げられると一瞬硬直できる自信があります。

なので、自分への戒めも含めてまとめます。

キャリア=仕事人生みたいなものかと思います。

よく”ワークライフバランス”とか”仕事と家庭”とか”ずっと仕事、でもずっとプライベート”とか言いますが、どんな言い方にしても私生活と仕事の2要素が存在していることは否定していないと思います。

交わっている部分も多いためややこしい話になりがちですが、結局この2要素が2つの円となって、交わっていたり、独立していたりという感じです。

私生活については趣味、パートナー、友人などが主要素で、それらをより自分の理想に近づけていく感じ、仕事人生については仕事という要素をより自分の理想に近づけていく感じです。

この理想に近づけていく作業がキャリアパスを歩むこと、だと今は信じています。

逆から話したほうが楽なのですが、理想的ではない仕事を数例上げると、以下のようなものだと思います。

  • 給与が足りない
  • やりがいがない(打ち込んでいる仕事の意味がわからない、大事だと思えない)
  • 内部政治、人間関係がダルい
  • 時間がもったいない
  • 体への悪影響がひどい

これらを一生懸命解消していくために、選べる選択肢を増やして増やして、好きなタイミングで変化を楽しめること、これが幸せに仕事人生を生きる上で大事なのかも、、、なんてことをよく思います。

追いつめられたときに踏ん張れないというのは、往々にして仕事人生において弱みになりがちなので、あまり簡単に変化させちゃうのは良くないのですが、選択肢が増えていると日々感じることはきっと幸せです。

 

とりあえず、あまり書きすぎるとボロも出てきちゃうし、訳わかんなくなってしまうので、一旦これぐらいにします!

気づけば11月、2019年卒という、僕の2014年卒から5年も経っている人たちが最初のキャリアを歩むときが近いので、参考になれば超嬉しいです!

では!


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中